顔の印象を暗くする目の下のくま|レーザー治療が主流

女性

気になるしみには

女性

レーザー治療はさまざまな医療現場で使われています。レーザーは出力によって強度が異なり、骨が削れるほど強いものもあれば、目的の細胞にだけ当てて反応させるものもあります。美容整形で使われるレーザー治療とは、しみやそばかすを消すために使われます。しみは皮膚の中にメラニン色素が作られることが原因です。そのメラニン色素にレーザーを当てて分解し、かさぶたとしてはがすというのがレーザー治療の流れです。なので、レーザーを当ててすぐにきれいな肌になるというわけではありません。1週間くらいでかさぶたが剥がれ、1か月後くらいには一時的に肌が濃くなる場合があります。3か月が経過してしみが徐々に薄くなっていきます。なので、レーザー治療は気を長く持って受けることが大切です。

レーザー治療の後は、肌が敏感になってるので、いつも以上に日焼けに気を付けます。この時にしっかりとしたケアをしておかないと、再びメラニン色素が作られてしまいます。またレーザー治療は保険が適用されるものもありますが、それは火傷の治療の一環としてか、ほくろ等のがん予防の一環に限ります、美容目的のレーザー治療には保険が適用されないので注意が必要です。クリニックによっても基準が異なることがあるので、事前に医師に確認しておきます。レーザー治療を受けてきれいな肌を手に入れても、メラニン色素は紫外線を浴びるたびに発生します。術後もきれいな肌を維持するためにも、紫外線対策や美白対策を持続的に行うことが大切です。