顔の印象を暗くする目の下のくま|レーザー治療が主流

女性

老け顔に影響を与えるもの

女の人

乾燥対策が基本になる

ほうれい線とは、左右の口の周りに出来る目立つシワのことを言います。年齢を重ねることで自然と出来る人が多いですが、乾燥によって酷くなりやすいので乾燥肌の人はほうれい線が出来やすいと言えます。原因は、皮膚のハリや弾力が失われてたるみとなっていること、表情筋が衰えていること、皮下脂肪が蓄積されてその脂肪を支えきれなくなって垂れさがることでほうれい線が出来ることなどがあります。これらの原因は、人によって違いますが乾燥はほうれい線を悪化させるのでまずは乾燥対策を行っていくことが基本になります。保湿を心がけ、肌内部のコラーゲンを生成することが大事になります。そのため、治療には糸を使ったものが良いと言えます。

糸で引き上げる

糸を使った治療であれば、様々な原因を一気に解消することが出来ます。伸縮性のある糸を使い、肌内部に挿入することで糸によってたるみが引きあがりほうれい線が解消されます。特殊な糸を使うので、肌内部のコラーゲンが生成されやすくハリや弾力が生まれるのでエイジングケアとしても使えます。糸はいずれ肌に溶けて吸収されるので、永久的な効果が続くわけではありませんがそれでも長期的に効果が得られることになります。糸が肌に馴染んで定着すれば、通常通りの日常生活を送ることが出来るので生活する上で不便な点も一切なく誰でも気軽にほうれい線の改善が出来ます。老化が最大の原因となるので、美容整形を行い根本的に若返りを行うことが大事です。